キャット・フレンドリー・クリニック
ゴールド認定の院長
×
tolettaをつくった社長
キャット・フレンドリー・
クリニックの院長が見た
tolettaと未来のねこヘルスケア
tolettaは獣医師の監修のもとに開発しています。
獣医学に基づくアドバイスやtolettaのテストにご協力いただいたキャット・フレンドリー・クリニック ゴールド認定の「ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋動物病院」の院長 榎本先生と、株式会社ハチたま社長 堀が、「ねこを幸せにするヘルスケアの未来」を語り合いました。
キャット・フレンドリー・クリニック(CFC)とは?
ISFM(International Society of Feline Medicine)という、ねこの国際的な医学界が定める国際基準のこと。
ねこに優しい病院であることを認定するものです。
認定を取得するためには、設備やねこのハンドリングなどについて定められた厳しい基準をクリアする必要があります。
「キャット・フレンドリー・クリニック」ゴールド認定
ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院 院長
榎本 拓也
若くして院長を務める傍ら、保護ねこ活動にも取り組むなど幅広く活躍中。深いねこ愛から独自の診療スタイルを編み出すなど、ねこに寄り添うスタンスが多くのねこ患者から信頼を集めている。3匹のねこと暮らす愛猫家でもあり、膝に乗って甘えてくれる彼らと過ごす時間を大切にしている。
株式会社ハチたま 代表取締役
堀 宏治
tolettaを開発する株式会社ハチたまの社長。人間向けのヘルスケアシステムを長年手がけてきた経験を生かし、ペットのヘルスケアを実現するべくハチたまを立ち上げた。ねこ社員「うーちゃま」から甘えてもらえる日を夢見ているが、まだまだ道のりは長い。
徹底したキャット・フレンドリー・
マインドが
ねこ医療の基礎
榎本先生ご自身もねこがお好きだとか。ご自宅でもねこを飼われているんですか?
榎本
はい、うちには3頭います。どの子も、病院に捨てられてやむなく引き取ったりと、事情があってうちに来たねこです。実は僕はもともと犬を飼っていたんですが、妻が大のねこ好きで。結婚してからねこと暮らすようになり、だんだんとねこの魅力にハマっていきました。
葛西橋通り病院のスタッフの方々もねこ好きが多いとうかがいました。キャット・フレンドリー・クリニック(以下CFC)のゴールド認定を獲得された背景には、先生やスタッフのみなさんのねこ愛が大きそうですね。
榎本
もちろんねこ愛もありますが、他にも理由があります。 動物病院に来る患者さんは、昔は犬がほとんどでした。そうすると、犬向けの考え方で作られている病院が多いわけです。しかし、今はねこの患者さんも増えてきていて、これからもっと増えると予想されています。犬とねこは性質的に別のものですから、やはりねこ向けにきちんと考えられた設備やシステムが求められるだろうと考えたことがきっかけですね。例えば、待合室で大型犬の隣で待たざるを得ないねこがいたりすると、待っている間に怯えきってしまって診療が困難になるケースもあります。こういったスペースの課題解決をはじめ、ねこが快適に過ごせる動物病院をつくりたいという思いで、移転を機に条件を整えて、CFCゴールド認定を取得しました。
たしかに、ねこを動物病院に連れて行くことはとてもハードルが高いですよね。先日、当社のねこ社員たちを病院に連れて行ったのですが、自宅で飼っている犬と比べて、本当に大変だということがわかりました。ねこにやさしい病院があるならぜひ行きたい!と思いますね。
榎本
CFC認定には環境面・オペレーション面でさまざまな基準があり、その難易度によって認定のレベルも異なります。うちの病院では、もっとも厳しい基準をクリアした証としてゴールド認定をいただいています。どんな基準かというと、例えば、犬とねこで待合室や診察室を分けていることをはじめ、ねこが犬を意識せずに診療できるよう気を配る必要があります。診察室のつくりで言えば、ねこが落ち着けるようにあえて狭くしていたり、犬の鳴き声が聞こえないように壁を防音にしています。もちろん入院室も犬とねこで別々になっています。診察などオペレーションについても、いきなり診療せずにねこが慣れるまで15分以上の十分な時間を取ってから始めるといった基準がありますね。そのほか、CFCの基準以外でも工夫をしていて、その1つがタオルラッピング。ねこをタオルに包んで診療を行うことで、ねこの安心や快適さを守りつつ、診療もしやすいというメリットがあります。
ハードとソフトの両面で、ねこファーストな工夫を凝らしているんですね。タオルラッピングは初めて聞きましたが、これはねこがメインの動物病院では当たり前のことなのですか?
榎本
いいえ。すべてのねこに対してそうしている動物病院は少ないと思います。それなりにコストもかかるのですが、ねこのためを思えば必要と考えて導入しています。
おお! まさにキャット・フレンドリーな考え方ですね。犬に比べて、ねこの診療の大変なところは何ですか?
榎本
診療自体が大変ということはないですね。ただ、診療のしやすさという点で言えば、ねこが協力してくれるかどうかがとても大きい。ストレスを与えてしまうと協力的ではなくなるので、しっかりと診療することが難しくなってしまいます。診療の質という意味でも、ねこにストレスを与えないことが重要なポイントです。
なるほど。キャット・フレンドリーな精神はねこ医療の基本でもあるわけですね!。
保護ねこ活動への取り組みにより
動物病院以上の存在に
病院では保護ねこスペース『CAT PLAZA with NECO REPUBLIC』(以下キャットプラザ)も運営されていますよね。どういった経緯で始められたんですか?
榎本
もともと、うちの病院ではねこの里親募集活動をしていました。子ねこは比較的短い期間で里親が見つかることが多いのですが、成ねこだと長期間里親を待つケースが多いんです。里親を待つ間、ねこには病院で暮らしてもらいますが、ケージの中などになるので、長期間生活するにはふさわしい環境ではないという課題を抱えていました。だから、成ねこの里親探しは積極的には引き受けられなかった実情があって。しかし、社会的には成猫になるとなかなか里親に巡り会えるチャンスが少ないので、何とかしたいと考えていたんです。そこで、成ねこの譲渡活動に精力的に取り組んでいらっしゃるネコリパブリックさんと協力して私たちができることを始めようということになったんです。
成ねこに特化しているんですね。それにしても、キャットプラザのねこたちは里親を待つ身とはいえ、とてもリラックスして幸せそうに見えます。やはりこのスペースの環境がいいのでしょうね。
榎本
ここは6畳くらいの小さなスペースですが、天井までを立体的に活用することで5頭ほどのねこが生活できる空間になっています。うちみたいな動物病院だけじゃなくて、街のあちこちにこういった保護ねこの譲渡スペースができて、当たり前の文化になったらいいなと思います。これは、殺処分をはじめとした、ねこを取り巻く環境において必要なこと。だから、『こんな貢献の仕方があるよ!』と世の中に発信したかったんです。それと、僕たち自身が楽しみたくて始めたというのもあります(笑)。
楽しむと言いますと?
榎本
1日の診療が終わって一息つきたいとき、実はここでねこを見ながら寝そべったりして、至福のときを味わってます(笑) 病院の中だけど病院じゃない『第3の場所』があることで、純粋に楽しむことができる。私たちスタッフにも心のゆとりが生まれるんですよね。。
私もtolettaのテストでキャットプラザへはじめて来たとき、シンプルに楽しいなと感じたことと、患者さん以外の方がねことのふれあいを楽しまれているようすが印象的でした。このスペースを目当てに訪れる人がいるというのもおもしろいですよね。診療を目的とした一般的な動物病院の機能だけにとどまらない存在になっている。
榎本
地域の方々に親しんでもらえるのは素直にすごく嬉しいです。ペットを飼っていない方や、ペットが元気なときには動物病院って遠い存在ですよね。でもいつか、ペットを飼ったり動物病院に連れて行くタイミングが訪れたときに、『そういえばあの動物病院行ったことあるな』と思い出してもらえたりすれば、病院経営面のメリットも期待できます。それから、ねこを譲渡した後も、よく知っているねこだけに詳しいアドバイスができるので、飼い主の方にも安心していただけますよね。もちろんネコリパさんのような動物愛護団体にとっても、譲渡の間口が広がることは喜ばしいことでしょうし。
ねこ、動物病院、飼い主、動物愛護団体と、みんなにメリットがあるんですね! この仕組みはどんどん広がるんじゃないでしょうか。
キャット・フレンドリーな
獣医師から見た
tolettaとは?
先生、率直にtolettaのことをどう思いますか?獣医師のご意見は真摯にうけとめたいのでお世辞はけっこうですよ(笑)。
榎本
それじゃ遠慮なく言わせてもらうとして(笑)、素直に画期的だと思いました。特に、多頭飼いの家庭でねこ毎のデータを確認できるシステムは今までにないなと。うちも3頭いますし、キャットプラザのスペースにも複数頭のねこが暮らしてますから、必要性は強く感じます。獣医師として診療を行う上でもかなり強い味方ですよね。というのは、飼い主さんにおうちでのねこのトイレのようすを聞くことは、診療の大きな手がかりだからです。しかし、飼い主さんが細かい情報を把握していることは本当に稀なんです。みなさん忙しく生活されているわけですから、ずっとねこを見ているわけにはいきませんし、多頭飼いのご家庭であればトイレの痕跡を見るだけではどのねこのものなのかわかりませんよね。だから飼い主さんから得られる情報は曖昧になりがちですが、tolettaがあればそれをすべて解決できます。おうちでのトイレの状態を獣医師がつぶさに知ることができれば、限られた診療時間のなかで最大限のパフォーマンスができるでしょうね。診療の密度が濃くなると思いますし、診療後の経過観察にも活用できます。
そんなに褒めていただいてありがとうございます!(笑) tolettaはおしっこのモニタリングと同時に、体重の測定もしていますが、これも獣医師にとって重要な情報ですか?
榎本
もちろん。診療では必ず体重を計るくらい健康状態を把握するには重要な情報です。体重の変化は毎日ねこに触っていれば気づけることもありますが、だっこが嫌いなねこだったりするとなかなか気づけなくて、気がついたときには体重が大幅に減っていて病気が進行しているなんてケースもあります。tolettaを使えば変化の初期に気づくことができるので、病気の進行を食い止めることにもつながりますよね。
tolettaの特徴として、首輪やタグを使わないで個体識別ができる機能があります。実はこれ、首輪タグを使って識別する方が技術的には簡単なのですが、うちのねこ好きスタッフたちから猛反対されまして(笑) 『そんなのねこに優しくない!』って言うんですよ。そこで画像認識で見分ける技術を開発しました。
榎本
この機能は本当にいいですよね。首輪が苦手なねこは多いですし、ずっと首輪をつけ続けると皮膚にトラブルを起こしてしまったり、ストレスを感じて健康を損なってしまうねこもいますからね。
実は今、tolettaを使って、よりねこの健康に貢献するためのAI開発を考えているんです。たとえば、tolettaが得たねこの個別の健康状態に合わせて、より健康に近づくためのアドバイスを受けられるといったサービスなど。動物病院に行けないときも、いつどんな場所でも獣医師とねこを繋ぐような役目ができないかと考えています。毎日、ねこのすぐ近くで、ねこのようすを見守るtolettaだからこそできることがあると思っているんです。
榎本
それは楽しみですね! おうちにいても、ネットで調べた不確かな情報に頼らずに信頼のおけるシステムからねこの状態に合わせたアドバイスを受けられるのはとてもメリットが大きいでしょう。そこまでねこヘルスケアが充実する未来を思うと、今からワクワクしますね。