【toletta専任獣医師】多数の相談実績

獣医師LINE相談

こんなお困り事ありませんか?
“ご愛猫のおしっこの量が増えている”
“ダイエットにおすすめのフードは?”

\ 今だけ無料!ご相談受付中 /

獣医師LINE相談とは?

ご愛猫の健康への疑問に
専任獣医師がLINEでお答えいたします

営業時間 平日10時〜17時

相談事例のご紹介

事例1 膀胱炎になったのですが・・・

あずきちゃん(白黒)

3日前からうちの猫が頻尿になり、昨日動物病院で尿検査してもらったところ膀胱炎と診断されました。ストルバイトの結晶も発見されました。食欲や元気は通常通りあります。

膀胱炎は何度も繰り返すのでしょうか?
今回tolettaの回数の記録をみて気づいたのですが、他に早めに気付く方法はありますか? 膀胱炎は命の危険はありますか?

獣医師からの回答

ストルバイトなどの結石性の膀胱炎の場合は療法食による維持により、再発の可能性を低くすることが出来ます。ROYALCANINのユリナリーS/OシリーズやHillsのc/dなどの療法食がありますので、掛かりつけの獣医さんに相談してみると良いと思います。

膀胱炎の症状としては一番気付きやすいものが頻尿ですが、他に普段と違いそわそわしたような様子を見せたり、おしっこをしなくてもトイレに入ったり出たりを繰り返すことなどがあります。

膀胱炎は直接は命に関わりませんが、ストルバイト結石性の病気ですと尿道に結石が詰まってしまう病気の尿道閉塞などがありこちらは尿が出せなくなってしまうと命に関わります。療法食への切り替えで結石を溶かしたりすることが出来ます

その後、あずきちゃんは・・

動物病院で処方された薬と勧められた療法食で頻尿は落ち着いています。
結石になったらと思うと心配ですが、よく観察して見守りたいと思います。

事例2 子猫が来た途端に先住猫が遊ばなくなってしまいました・・・

福丸くん(茶白)
ミトンちゃん(キジ白)

半年前に仔猫(ミトン)が仲間入りしました。2歳半の福丸は、それまで、おもちゃで遊ぶのが大好きで、毎日走り回っており、その姿を見るのが何よりも楽しみでした。

しかし、ミトンが来てからというもの、ミトンに遠慮して全然遊ばなくなりました。
先日、トレッタの確認で、頻尿がわかり、すぐに病院で診て頂いたところ、ストレスによるものかもしれないと言われました。
私から見ていると、仔猫のミトンとの関係は他の猫よりも良好で、よく一緒に寝たり、じゃれあったりしています。

おもちゃを使う遊びでは、2歳半の福丸は、だいぶん遠慮しているように見えます。自分もまだまだ遊びたいだろうにと思うと、不憫でなりません。

福丸が遊びを遠慮しなくなってくれる方法はないでしょうか。思いっきり遊ばせてあげたいです。今も、仔猫がおもちゃで遊んでいるのを遠くからずーっと見ていて辛いです。

獣医師からの回答

福丸くんは本当に弟や子供想いの性格なのではと思います。性格なのでなかなか変えることは難しいですが、ミトンちゃんを一階の部屋から出られないようにして部屋を分けることができるのであれば、一日決まった時間部屋を設けて福丸くんを可愛がってあげることなどしてみてはいかがでしょうか。

ふたり一緒が理想ですが現状では難しいのではと思います。まずは福丸ちゃんにめいいっぱい遊べる環境を作ってあげて、遊びの楽しさを思い出してもらって、それがふたり一緒に遊ぶことにつながっていけば良いかなと考えています。ふたり一緒に仲良く遊んでくれる日がくると良いですね。

その後、福丸くんは・・

早速、部屋を締め切っておもちゃで遊んだところ、ほぼその直後から、締め切らない部屋でも以前のように元気に目をキラキラさせておもちゃを追うようになりました!

まさに先生がおっしゃった「遊びの楽しさを思い出した」ようでした。そんな発想、私にはなくとても感動しています。今日は、子猫とも一緒におもちゃを追っていて、ふたりともやんちゃで、かわいくてたまりませんでした。ほんとにありがとうございました!

些細な疑問でもお気軽にご相談ください
専任獣医師がひとりひとりのお悩みに
寄り添ってお答えいたします

営業時間 平日10時〜17時

toletta専任獣医師

浅見 優樹

北里大学獣医学部獣医学科 卒業
College of Veterinary Medicine Purdue University International Clinical Rotation Extern 修了