「すべてのねこが幸せになれば、
すべての人はもっと幸せになれる」
toletta with りんごねこプロジェクト
「りんごねこ」って知ってますか?
「りんごねこ」とは?
「りんごねこ」とは、FIV(ネコエイズウイルス)に感染したねこのことです。
FIV は人や他の動物に感染することはありません。
ねこによっては、FIVを体内に持ちながらも、免疫機能を保持したまま、天命を全うするねこもいます。
 
詳しくはりんごねこの名付け親ネコリパブリックさんのページ
tolettaは「りんごねこ」を助ける
動物愛護活動に取り組んでいます。
なぜりんごねこを助けるのか?
外で生きるねこも愛しい
私たちは、ねこが大好きです。ねこは私たちにたくさんの喜びと感動を与えてくれます。
だから、tolettaをつくりました。
愛するねこたちに、健康で幸せな日々を生きてほしい。それは、一緒に暮らしているねこだけでなく、外で生きているねこに対しても願うことです。
厳しい状況にあるりんごねこ
りんごねこを助けたいと考えたきっかけは、私たちの職場で暮らすねこ社員「うーちゃん」の存在です。
うーちゃんはりんごねこです。
保護猫カフェ「ネコリパブリック」から彼女を迎えるときにFIVに感染していることが判明しました。
これをきっかけに、私たちはりんごねこのことを知りました。「エイズ」という言葉で誤解を受けやすいこと。譲渡活動が難しいこと。
りんごねこを取り巻くこれらの現状を知り、何か私たちができることはないかと考えました。
しかも、りんごねこであるうーちゃんとの暮らしは、健康なねこと暮らすのとほとんど何も変わりませんでした。
このことを実感している私たちだからこそ、りんごねこを助ける活動をするべきだと思いました。
「すべてのねこが幸せになれば、すべての人はもっと幸せになれる」。
この思いを形にするため、「toletta with りんごねこ」プロジェクトはスタートしました。
左:りんごねこのうーちゃん 右:ちゃま
私たちにできることはなんだろう?
私たちは「うーちゃん」を通じてりんごねこを「知って」「理解して」「大好き」になりました。
皆さんにもりんごねこを好きになってもらいたいと願っています。
そのために、私たちができる活動に取り組みます。
多くの方にりんごねこを「知って」もらう活動
多くの方にりんごねこを「理解して」もらう活動
そして、多くの方にりんごねこを「大好き」になってもらう活動です
まずは「知って」もらうことから
tolettaのWebサイトに登場してくれた3頭の兄弟ねこたち。
名前は「陸・海・空」この3兄弟は全員、りんごねこ「だけ」の保護猫カフェ「ネコリパブリック中野店」で暮らすりんごねこです。
ねこらしく元気な姿でtolettaのプロモーションに一役かってくれた彼らも、一生一緒に暮らせる里親を待っています。
tolettaをきっかけにして、りんごねこの存在を一人でも多くの方に知ってほしいと願っています。
りんごねこ3兄弟「陸・海・空」
ネコリパブリック首相

河瀬 麻花 さん

りんご猫は、ネコリパブリックが作った造語です。
りんご猫専門のお店、中野店では今日も元気に、りんご猫たちがのびのびと生活しています。
エイズウィルスキャリアの子達は、本当に発症しなければ、他の子達となんら変わりがありません。ただエイズウィルスキャリアが陽性であることが譲渡の大きな妨げになっていることは事実です。
りんご猫たちには、ストレスが大敵!どんな猫も、病気の大きな原因はストレスです。りんご猫たちもストレスのない環境で過ごすことが発症リスクを軽減することにつながります。
TOLETTAが、りんご猫専門の活動を支援してくださることは、とても意義があることだと思います。
日本で唯一のりんご猫専門店、ネコリパブリック中野店の存在自体が、りんご猫たちの譲渡促進の象徴になればと願っています。